Logo Profile Link
Contact
Coments

KT-80リニューアル 02

・クォードラチャー検波器の調整

Servo Lock OFF(MONO)にし、アンテナをつなぎSメーターが3ないし4点点灯する局を受信させ、音声を聞き妨害が発生していないことを確認します。注意深くチューニングノブを回しSメーターを最大にします。

R13の両端にテスターを当て、電圧が±10mV以下になるよう、検波コイルのコアを回します。Tuned LEDが薄く点灯します。

IFadjst3

・受信周波数の調整(局部発振周波数)

指針は目盛板の正しい周波数を示さなければなりません。番組表で今受信している局の周波数に指針を置きます。フロントエンドの局部発振回路のトリマーを回し、Sメーター最大にします。トリマーを回しても調整出来ない場合は、トリマーの腐食が疑われ、交換が必要になります。この機種は、底板を外しフロントエンド下のメイン基板にサイービス用の丸穴が開けてありますので、フロントエンドをメイン基板から外さずにトリマー交換が出来ます。トリマーは赤色が塗られていますので、最大容量6pF、温度特性NPO±250ppmのものです。

frontadjust3

・動作確認

Mute ON(STEREO)で、STEREO局を受信するとインジケータLEDが点灯します。Servo Lock ONで、Tuned LEDの明るさが増します。

これ以上の調整には測定器が必要です。測定器で確認したところ許容の範囲に収まっていました。これ以外の調整箇所には手を触れないでください。

FR Previous1 HOME1 Next FF1
Link Contact FR Previous1 HOME1 Next FF1